loading
ホーム
スケジュール
ログイン
お問い合わせ
シェア
ピラティスとは

ピラティスの服装

「ピラティス教室に通おう!」と決意したものの、「どんな服装で行けばいいの?」と悩んでいる方はいませんか。

 

「初心者だし、どれくらい続けられるかわからないし…。」「まずは動きやすい服装、Tシャツとジャージでいいかな」と思って参加してみたら、まわりはオシャレなピラティス専用のウェアの人ばかりで浮いてしまい恥ずかしかった…なんてことがあるのでは!?と思うと、専用ウェアを揃えたくなりますよね。

モチベーションを上げるためにも、オシャレな服装や専用ウェアを着て「まずは形から入りたい」という人もいるかもしれません。

参加している人が着ている専用ウェアや服装は、生徒さんの年齢層や雰囲気などでも異なります。若いOLさんやベテランの人が多い教室などでは、華やかな服装や専用ウェアを揃えている人が多いかもしれません。

 
まずは体験レッスンや教室見学などに参加しおて、そのときにどういう服装の人が多いのか、チェックしておくと安心ですね。

 

Tシャツにスウェットでも大丈夫!

 
ピラティスウェアで守るべきポイントは「ウエストを締め付けすぎないもの」「手首や関節を締め付けすぎないもの」「吸湿性のあるもの」という3点です。

これを守っていれば、服装は専用ウェアではなく、Tシャツ、スウェットなどでもかまいません。

 
ただ、ピラティスのエクササイズでは、体をひねったりのばしたりする運動が多いので、あまりゆったりしたTシャツの様なウェアですと、逆に動きにくさを感じたり、うつ伏せの時に胸元が気になったり、仰向けの時におなかがはだけてしまう可能性があります。動くたびに着衣の乱れを直しているようでは、レッスンにもなかなか集中できないですよね。

 
体のラインが強調されるような服装では落ち着かないという方もいるかもしれませんが、きちんと基本にそった動きをしているかどうかピラティスインストラクターが見やすいように、服装やウェアは上下ともにある程度ぴったりした服装をするのがよいでしょう。

 

服装を選ぶときのポイント

 

伸縮性のある生地を使っている

ピラティスは関節を曲げ伸ばしする動きが多いので、生地は伸縮性のある生地であることは絶対です。とくにズボンは動きやすいものを選びましょう。

ナイロン素材のジャージは、伸縮性がなく、通気性も悪くて蒸れやすいのでやめましょう。動くたびにシャカシャカと音がするのも集中力を妨げるため、ウェアとしては最適ではありません。

また伸縮性があるからといって、極端に薄い生地の服装やウェアですと伸びたときに下着が透けてしまいますので、そちらも注意です。

 

ファスナーやボタンなどの
装飾がついていない

ピラティスはマット等に仰向けや、うつ伏せになったりする動きが多いので、ファスナーやボタンがついている様な服装だとひっかかりを感じて動きにくくなってしまいます。

フード付きのウェアも、体のラインが分かりにくく、エクササイズをする上では邪魔になるかもしれません。

下着も、ワイヤーやホックのついたブラジャーでは筋肉の動きの妨げになり、痛みの原因にもなりますのでスポーツタイプのものをおすすめします。

 

ひらひらしたり、ルーズすぎたりしない

ピラティスでは骨盤や脚が肩よりも上にくるような動きもあるので、めくれたりすることで気にならないためにもウェアはルーズすぎたりひらひらしたものは避けた方が良いでしょう。

 

必ずしもピラティス専用の服装やウェアを着る必要はありませんが、やはりスポーツブランドが作っているピラティス専用ウェアは、そのエクササイズの目的に沿った着心地のよいものである場合が多いです。

ヨガ・ピラティス用のウェアの場合、さまざまな動きをしても邪魔にならないような工夫がされています。最初から専用ウェアを一気にそろえる必要はありませんが、回数を重ねてだんだん上達してくると、専用のウェアがほしくなってくるかもしれません。

また、お気に入りのウェアを着てレッスンに参加することで、気分があがり継続する助けにもなるでしょう。最初からウェアをそろえるのはちょっと…という方は、上達具合に合わせて少しずつそろえていくと、ウェアをそろえる楽しみも増えます。